title_keidai.gif
sansaku001.jpg
keidai_002.jpg
長福寺は永享2(1430)年、木曽義仲の13代子孫・木曽豊方公が木曽家菩提供養のために一宇を創建して、寺領山林などを寄付し、鎌倉浄智寺開山の仏眼禅師の弟子、竺隠和尚を請じて開山としました。
竺隠和尚亡き後、数十年は住職の無い寺として荒廃していましたが、大永年間(1521~1527)になり、木曽家16代の木曽義元公が上州・沼田野の村より当寺へ移り住み、家屋を建築して木曽谷中を統治しました。
義元は叔父である妙心寺住持・信叔(独秀乾才の法弟)を請じて、中興開山として、これより臨済宗妙心寺派となりました。
義元もまた、仏殿の再興や当町沼田野の領地などを寄贈し、中興開基となりました。
義元逝去の節、負傷した戦地より沼田野の領地まで運んで埋葬したため、その地を御墓島(みはかじま)と呼びます。
keidai_003.jpg
木曽家19代・木曽義昌公は永禄年間(1558~1569)に、木曽家の霊屋を再建し寺領及び朱印を興すものの、文禄3(1594)年4月23日、火災に遭い堂宇および朱印状をすべて消失しました。
文禄4(1595)年、山村良利公は本堂及び庫裡を再建しましたが、嘉永3(1850)年2月19日には再び火災に遭い、堂宇を消失します。幸いにも、寛文7(1667)年に建立された鐘楼門は、その難を逃れました。
安政年間(1854~1859)に、代官山村家および総檀家によって本堂・庫裡の再興がはかられますが、この堂宇も昭和2(1927)年5月12日の福島大火により全焼しました。
長福寺の境内は、たび重なる火災と、そこから復興の繰り返しにより、現在に至っています。
庫裡
庫裡

■庫裡(くり) 平成19年12月に竣工した庫裡です。 正式名称を「庫裡・檀信徒会館」と言います。 大広間・ロビーをはじめ古風な外観と近代的な設備を備えています。バリヤフリー設計になっており、檀信徒に解放されています。

press to zoom
山門
山門

■山門(さんもん) 昭和42年に再興された総ケヤキ作りの山門です。 以前は鐘楼門(鐘撞き堂と山門が一体化した建物)でしたが、現在は平屋の山門です。

press to zoom
玄関
玄関

■玄関 昭和48年に再興されました。主にケヤキ材にて造られています。 庫裡と方丈を結ぶ建物で、現在は主玄関として利用されています。

press to zoom
方丈
方丈

■方丈 昭和48年に再興されました。 間口8間半の堂々たる姿で、長福寺のシンボルとなっています。 当町の宮大工・千村清棟梁(明治神宮再興の棟梁)の作品です。

press to zoom
方丈内部
方丈内部

■方丈内部 方丈は新築当時、他に類を見ない、全館暖房システムが設置されています。 冬場は、床部分から温風が吹き出し、快適な法要が営まれます。 柱を極力省略した、開放的な方丈です。

press to zoom
方丈額
方丈額

■方丈額 平成17年に新しく掛けられた額です。 三原市の仏通寺管長・鈴木法音老大師の揮毫によるものです。

press to zoom
鐘楼
鐘楼

■鐘楼 昭和58年に新築された鐘楼です。鉄筋の基礎に総ケヤキ作りの楼が乗る二層構造になっています。 一階部分は弓道場ですが、近未来には坐禅堂に改築予定です。 これも千村棟梁による作品のひとつです。

press to zoom
大鐘
大鐘

■大鐘 重さ350貫の大鐘です。 高岡市・老子製作所の産。 年間を通じて16時30分に、自動機械により打ち鳴らされています。

press to zoom
小庫裡
小庫裡

■小庫裡(右端の瓦屋根) 昭和63年に新築されました。 瓦葺き二階建てで、現在は寺族の住居として使用されています。

press to zoom
長福寺の四季の移ろい
正月1~3日

正月1~3日

大般若祈祷会

3月初旬

3月初旬

春彼岸 新亡合同供養

■4月上旬

■4月上旬

■4月上旬 定期巡教 春の法話会

■5月8日

■5月8日

■5月8日 花祭り

■6月

■6月

やまぼうし満開

■8月14日

■8月14日

■8月14日 お施餓鬼大法要

■8月16日

■8月16日

■8月16日 送り火のゆうべ

■9月

■9月

やまぼうし結実

■10月

■10月

■10月 はなぞの会 秋の法話会

■10月

■10月

やまぼうし紅葉

■10月~11月

■10月~11月

■10月~11月 城山の朝霧

■10月下旬

■10月下旬

■10月下旬 全山紅葉

■11月中旬

■11月中旬

■11月中旬 初雪

■12月初旬

■12月初旬

■12月初旬 青年部主催 忘年会

■12月28日

■12月28日

■12月28日 もちつき (おしょう 誕生日)

■12月下旬

■12月下旬

■12月下旬 斉米受付

■12月30日

■12月30日

■12月30日 正月準備